>>2025年度4月分は6月24日(月) 16時までです

適切なランドセルのサイズとは?昔より大きいサイズが求められる理由

小学校への入学が近づき、ランドセルを選ぶ時期が近いご家庭も多いのではないでしょうか。

お子さまの小学校生活を考えると、ランドセルのサイズを十分に検討することは重要です。

昔のランドセルと比べて、今のランドセルはなぜ大きくなっているのでしょうか?

この記事では、ランドセルのサイズに関する情報と、選ぶ際に気をつけるポイントについてご紹介します。

目次

ランドセルの主流サイズは2タイプ

ランドセルには細かく分類するとさまざまなサイズがありますが、現在の主流は大きく2つのタイプに分かれます。

サイズ①A4フラットファイルサイズ

A4フラットファイルサイズは、高さ約31cm×幅約23cmのため、A4サイズの教科書やノート、A4フラットファイルサイズがそのまま入る大きさです。

このタイプのランドセルは、教科書やノートを折り曲げずに収納できるため、近年では人気が一番があります。

お子さまが使いやすいだけでなく、教科書やノートが傷みにくいのも特徴です。

特に、整理整頓が苦手なお子さまにはこのサイズがぴったりでしょう。

高学年になり教材が増えた時も安心、教科書やノートの出し入れがしやすく、毎日の学校生活での使い勝手が良いことも人気の理由です。

サイズ②A4クリアファイルサイズ

A4クリアファイルサイズのランドセルは、高さ約31cm×幅約22cmA4フラットファイルサイズよりも少し小さめです。

A4フラットファイルサイズに対してわずか1cmの違いですが、その分、軽量なため、体格が小さなお子さまにはこちらのタイプがおすすめです。

昔のランドセルのサイズ

一昔前のランドセルは、現在のものと比べると一回り小さいものでした。

A4サイズの教科書やノートが一般的でなかったため、大きな収納スペースは必要ありませんでした。

また、昔のランドセルは牛革を中心とした革製が主流で、現在のように技術的にも軽量化が困難であったため、あまり大きなサイズは実用的ではなかったのです。

さらに、ランドセルに入れる荷物も少なかったため、小さなランドセルでも十分に役立っていました。

持ち物が少ない分、ランドセルのデザインもシンプルで、現在のように多機能ではありませんでした。

最近のランドセルが大型化している理由

現代のランドセルが大きくなっている理由はいくつかあります。

主に、教材の増加やそのサイズの大型化、さらにタブレットなどの電子機器の普及が影響しています。

教材が増加・大型化したため

最近の小学校では、授業の範囲が広がっているため、教科書や補助教材が増えています。

さらに、これらの教材はA4サイズが増加し大型化しています。

これに対応するために、ランドセルも大きくなっているのです。

例えば、理科や社会の副教材、図鑑や辞書など、お子さまたちの学習意欲を引き出すための教材が多様化しています。

これらの教材を持ち運ぶためには、昔よりも大容量のランドセルが必要なのです。

タブレットなどを持ち運ぶため

多くの小学校では、授業でタブレットを使用する機会が増えています

タブレットはもちろん、その充電器や関連するアクセサリーも持ち運ぶ必要があります。

そのため、これらを収納できる大きなランドセルが求められています。

タブレット学習は、デジタル教科書や即時性があり相互コミュニケーションのできる教材を使用することで、お子さまたちの学習効率を向上させる目的があります。

タブレットは多機能であり、授業中に調べ物をしたり、グループでの学習に活用したりすることができるため、現代の教育には欠かせないツールとなっています。

ランドセルのサイズの平均

現代のランドセルは、A4が入るサイズが幅広く選ばれています。

具体的な寸法で言えば、メーカーによって多少の差異はあるものの内寸が約23.5cm×31cm×12cm程度です。

A4クリアファイルサイズの場合、内寸が約22cm×31cm×12cm程度となっています。

このように、現代のランドセルは大きめに設計されていることが一般的です。

さらに、大容量でありながら軽量化された素材を使用することや、体への負担の小さな設計にすることで、お子さまが無理なく背負えるよう工夫がされています。

特にここ数年のランドセルは、機能性とデザイン性を兼ね備えたものが多く、以前よりも使いやすくなっていると考えて良いです。

大型化するランドセルのサイズで気をつけたいこと

ランドセルのサイズが大きくなると、その分だけ重さも増します。

特にお子さまが小学校低学年の場合、重すぎるランドセルは体に負担をかけることがあります。

ランドセルを選ぶ際には、実際にお子さまに背負わせてみて、重さやフィット感を確認することが大切です。

また、肩ベルトの調整がしやすいかどうか、背中のクッション性が高いかどうかもチェックポイントです。

お子さまの成長に合わせて、肩ベルトを調整できるランドセルを選ぶと、6年間快適に使用できます。

また、通学路の安全性や収納スペースの整理整頓のしやすさも考慮して選ぶと良いでしょう。

ランドセルのサイズまとめ

ランドセルのサイズ選びは、教科書やタブレットなどの持ち物の増加に対応するため、ますます重要になっています。

A4フラットファイルサイズやA4クリアファイルサイズなど、お子さまの成長や学校生活を見据えたランドセルを選ぶことで、快適な小学校生活をサポートできます。

ぜひこの記事を参考に、最適なランドセルを見つけてください。

ランドセルはお子さまの成長と共に大切な思い出の一部となります。

お子さまの新しいランドセル選びが素晴らしいものになることを祈っています。

学校生活のスタートを、お子さまのお気に入りのランドセルで楽しいものにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次