>>2025年度4月分は6月24日(月) 16時までです

メーカーがランドセルカバーをおすすめする理由を解説

ランドセル選びは、入学準備の中でも特に心を込めて選びたいアイテムの一つですよね。

そんな大切なランドセルを守るために、メーカーがおすすめするランドセルカバーの役割と必要性について、私たちプロのランドセル革職人から解説します。

目次

ランドセルカバーの役割って?その必要性とは

ランドセルカバーは、見た目を変えてくれるだけでなく、ランドセルを保護し、お子さまの安全性を高めるためにも重要な役割を果たします。

役割①ランドセルを汚れから守ってくれる

お子さまは、学校生活の中で、さまざまな場所に行きます。

ランドセルは雨に濡れたり、ホコリや泥で汚れたりすることがあります。

ランドセルカバーをしておけばは、これら外部からの汚れを防ぎ、ランドセル自体を清潔に保つことができます。

汚れが気になったらカバーを洗うだけで、簡単にきれいにできるので、お手入れがとても楽です。

役割②ランドセルを長持ちさせてくれる

ランドセルは、一般的に6年間使い続けるものです。

その間には、日焼けや摩擦による色あせ、傷がつくことが避けられません。

ランドセルカバーを使用することで、これらのダメージからランドセルを守り、長く使い続けることができます。

特に、高価なランドセルを選んだ場合には、その保護は非常に重要です。

役割③交通安全!反射板が安全性を高めてくれる

多くのランドセルカバーには、反射材がついています。

これは、早朝や夕方の薄暗い時間帯にお子さまが外を歩く際、車などからより見えやすくするためのものです。

反射材がついたランドセルカバーは、お子さまの安全を守る上で非常に効果的なアイテムと言えます。

視認性が高まることで、交通事故のリスクを減らすことにも繋がります。

ランドセルカバーはいる?いらない?

小学校入学を控えるお子さまをお持ちの皆様、ランドセル選びに続いて、ランドセルカバーについても検討されていることでしょう。

この疑問に対して、私たちプロのランドセル革職人からの結論は、ランドセルカバーはあった方が良いということです

【結論】ランドセルカバーはあった方が良いです

ここで、ランドセルカバーを推奨する理由をもう少し詳しくご説明します。

先ほどと一部重複しますが、大切なことなので改めて解説させてください。

ランドセルを長期間保護

ランドセルは、小学校入学から卒業までの6年間、毎日使うものです。

この長い期間、ランドセルは日々の使用による摩耗、突然の雨や汚れから守る必要があります。

ランドセルカバーがあれば、これらの外部からのダメージを軽減し、ランドセルを長持ちさせることができます。

ランドセルカバーがあるのとないのでは、数年の経過でかなりの違いがあることは想像に難くないでしょう。

安全性の向上

多くのランドセルカバーには、夜間や早朝の低光量下でも高い視認性を提供する反射材が付いています。

この反射材は、お子さまが通学中に車などから見えやすくなり、交通事故のリスクを減少させる重要な役割を果たします。

たとえば弊社、黒川鞄工房のランドセルカバー(弊社での呼称はプロテクションカバー)は反射板が非常に大きく、暗い場所での視認性が大きく改善します。

もちろんランドセルそのものにも反射板はありますが、大きくはありません。

個性の表現

ランドセルカバーは、デザインや色のバリエーションが豊富にあります。

お子さま自身が好きなデザインを選ぶことで、ランドセルに個性を加え、毎日の学校生活に少し楽しみを与えることができます。

自分だけの特別なランドセルカバーを使うことで、お子さまのモチベーション向上にも繋がります。

お手入れの容易さ

ランドセル自体のお手入れは、材質によっては少々手間がかかることがあります。

しかし、ランドセルカバーがあれば、カバーを定期的に洗うことで、ランドセル本体を直接汚れから守ることができ、お手入れがずっと簡単になります。

ランドセルカバーの選び方

ランドセルカバーを選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。

ここでは、ランドセルカバー選びのための重要なポイントをご紹介します。

一番おすすめなのはメーカー純正品を使うこと

ランドセルを購入したメーカーが提供する純正のカバーを選ぶことをおすすめします。

純正品はランドセルのサイズや形状にぴったり合うよう設計されており、フィット感が違います。

また、品質の面でも安心して使用できるでしょう。

ランドセルカバーはサイズをしっかり把握して購入する

ランドセルカバーを選ぶ際には、ランドセルのサイズを正確に把握しておくことが重要です。

ランドセルの大きさや形状はメーカーやモデルによって異なるため、購入前にはランドセルの寸法をしっかりと測って、ピッタリ合うカバーを選びましょう。

市販品には収納付きの物も

市販されているランドセルカバーには、収納ポケット付きの便利なものもあります。

収納ポケットは、時間割表やハンカチ、小さなノートなど、学校で必要な小物を入れておくのに便利です。

デザインや機能性を重視する場合は、市販品から選ぶのも良いでしょう。

ランドセルカバーをオーダーメイドする方法も

よりパーソナライズされたランドセルカバーを求める場合は、オーダーメイドでつくることも可能です。

お子さまの好きな色や柄、名前を入れたデザインなど、完全オリジナルのランドセルカバーをつくることもできるかもしれません。

特別感を求める場合には、オーダーメイドがおすすめです。

ランドセルカバーはシンプルなものがベター

ランドセルカバーは、毎日の使用に耐える必要があります。

派手すぎるデザインや、すぐに飽きてしまうようなものではなく、シンプルで飽きのこないデザインを選ぶと長く愛用できます。

また、シンプルなデザインは服装を選ばず、どんなシーンにも合わせやすいのが魅力です。

ランドセルカバーの付け方

ランドセルカバーを選んだ後は、正しく付ける方法を知っておくことが大切です。

ここでは、ランドセルカバーの一般的な付け方についてご紹介します。

基本的な付け方

  1. ランドセルカバーを広げる: 新しいランドセルカバーを広げて、裏表を確認します。多くのカバーは外側にデザインが施されており、内側にはランドセルに固定するためのゴムやベルトが付いています。
  2. 上部からかぶせる: ランドセルの上部からカバーをかぶせていきます。このとき、ランドセルの持ち手や肩ベルトがカバーの切れ込みや穴に合うように調整してください。
  3. サイドを合わせる: カバーのサイド部分をランドセルの形に合わせて、しっかりとフィットさせます。ランドセルカバーのサイドには、しばしばゴムやベルトが付いており、これを使用してランドセルに固定します。
  4. 固定する: カバーがランドセルにきちんと被さったら、最後に固定用のゴムやベルト、ボタンなどを使ってカバーをランドセルにしっかりと固定します。この際、カバーがランドセルにピッタリと密着していることを確認してください。
  5. 調整と確認: カバーを付けた後は、ランドセルのフラップ(蓋)がスムーズに開閉できるか、カバーがずれていないかなど、最終的な調整と確認を行います。

ランドセルカバーのまとめ

ランドセルカバーは、ランドセルを保護し、お子さまの安全性を高めるために非常に有効なアクセサリーです。

適切なカバーを選び、正しく付けることで、ランドセルの耐久性を高め、お子さまの学校生活をより安全で楽しいものにすることができます。

また、カバーのデザイン選びから付け方まで、お子さまと一緒に行うことで、入学準備をより特別な体験にすることができるでしょう。

ランドセルとランドセルカバーを長く大切に使って、充実した学校生活を送ってください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次