>>2025年度4月分は6月24日(月) 16時までです

ランドセルの処分の仕方どうすればいい?再利用と捨て方

小学校の6年間を共に過ごしたランドセル。

成長したお子さまが卒業する時に、ランドセルもその役目を終えます。

しかし、ランドセルをどう処分すれば良いのか悩む方も多いでしょう。

今回は、ランドセルの再利用と捨て方について詳しくご紹介します。

目次

6年間使ったランドセルとのお別れ

お子さまの成長と共に、毎日背負ってきたランドセル。

思い出が詰まったランドセルとお別れするのは少しさみしい気持ちもありますが、役目を終えたランドセルをどうするかを考えることも大切です。

ランドセルはただの道具ではなく、お子さまたちの成長を見守ってきた大切な存在です。

そこで、ランドセルの処分方法について考えてみましょう。

ランドセルの処分 4つの方法

ランドセルの処分方法にはいくつかの選択肢があります。

お子さまやご家庭の状況に応じて、最適な方法を選びましょう。

ランドセルの処分①譲る

まず1つ目の方法は、ランドセルを他のお子さまに譲ることです。

弟や妹、親戚のお子さま、知り合いのご家族に譲ることで、ランドセルが再び活躍の場を持つことができます。

ランドセルはしっかりとしたつくりで長持ちするため、まだまだ使える状態であれば、他のお子さまたちにとっても大きな助けになります。

弊社、黒川鞄工房のランドセルも6年間使用したあとでも、さらに6年間は十分使えるほどの状態を保つことも可能です。

ランドセルの処分②寄付する

2つ目の方法は、ランドセルを寄付することです。

国内外の多くの団体が、使い終わったランドセルを集めて必要な子どもたちに届ける活動を行っています。

例えば、海外の子どもたちにランドセルを寄付する団体では、ランドセルを通じて教育支援を行っています。

不要になったランドセルを寄付することで、新たな場所で再び役立つことができます。

お子さまが社会貢献活動を通して、広い世界に目を向けるきっかけとなることもあるかもしれません。

ランドセルの処分③リメイクして思い出に

3つ目の方法は、ランドセルをリメイクすることです。

ランドセルの素材を利用して、ミニランドセルや財布、ペンケース、バッグ、キーホルダーなどにリメイクすることで、思い出を形に残すことができます。

弊社、黒川鞄工房を含め多くの工房系メーカーでは、ランドセルのリメイクサービスを提供しています。

お子さまが使っていたランドセルを、日常的に使えるアイテムに生まれ変わらせることで、思い出をいつも身近に感じることができます。

ランドセルの処分④捨てる

最後に、ランドセルを捨てる方法です。

ランドセルがかなり傷んでいる場合や、他の方法で再利用が難しい場合は、最終的に処分することも一つの選択肢です。

しかし、捨てる際には分別方法に注意が必要です。

ランドセルの素材によっては、可燃ごみや不燃ごみ、大型ごみなど、自治体のルールに従って正しく処分する必要があります。

ランドセルの分別方法・捨て方

ランドセルを捨てる際には、自治体のごみ収集ルールに従って正しく分別してください。

ランドセルは、主に革や人工皮革、金属部品からできています。

以下は、一般的な分別方法です。

可燃ごみ:人工皮革や布製の部分は可燃ごみとして処分できます。

ただし、自治体によっては異なる場合もあるので確認が必要です。

不燃ごみ:金属部分やプラスチック部分は不燃ごみとして処分します。

金具やファスナーなど、金属部分が多い場合は、分別して不燃ごみとして出しましょう。

粗大ごみ:ランドセル全体が大きい場合や、分別が難しい場合は、粗大ごみとして自治体に回収を依頼します。

自治体によっては、特別な手続きや収集日が設定されていることもあるため、事前に確認しておくことが大切です。

また、リサイクルショップや専門の回収業者を利用することで、適切に処分できる場合もあります。

ランドセルの処分まとめ

ランドセルの処分には、譲る、寄付する、リメイクする、捨てるという4つの方法があります。

それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、お子さまやご家庭の状況に応じて最適な方法を選ぶことが大切です。

ランドセルは、6年間お子さまと共に過ごした大切な思い出の品です。

適切な方法で処分し、新たなステージへ進むお子さまを応援しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次