>>2025年度4月ご入学さま向けランドセル ご注文受付は終了しました

子どもがランドセルに飽きないか心配!失敗しない方法は?

お子さまのランドセル選びにおいて、せっかく購入したランドセルに飽きてしまわないか心配なご家族の皆さまも多いのではないでしょうか。

この記事では、失敗しないための方法と、お子さまが飽きることへの考え方を詳しくご紹介します。

目次

ランドセルを買っても飽きられるのが心配

ランドセルは小学校6年間、毎日使う大切なものです。

しかし、お子さまがすぐに飽きてしまうのではないかと心配することもあります。

往々にして子どもは飽きっぽいものですから、ご家族の皆さまが心配なのもよく理解できます。

その不安を解消するための方法を見ていきましょう。

お子さまの好きな色やデザインを選んだ場合

お子さまの好みを尊重し、好きな色やデザインを選ぶことは、ランドセルに飽きずに長く愛用してもらうための重要なポイントです。

とはいえ、ある程度はご家族の皆さまが上手に誘導してあげる必要もあります。

特に以下の点に注意しましょう。

トレンドを追いすぎない

流行に左右されず、長く使えるシンプルで飽きのこないデザインを選ぶことが大切です。

トレンドや流行は数年の間は続くものですが、あっという間に飽きられてしまうことも少なくありません。

今流行っているからと、安易に購入する前に十分に検討したいものです。

個性を尊重する

お子さま自身の好みを尊重し、好きな色やデザインを選ぶことで、愛着がわきやすくなります。

たとえば、最近では男の子であっても赤のランドセルを好む子もいます。

反対に女の子でも黒や紺を好む子もいます。

これらはランドセルの色選びが多様化し、世の中が色選びに対して寛容になったためでもあります。

ですから、あまりにも奇抜でない限り、できるだけお子さまの好みを尊重してあげたいものですよね。

ランドセルを選ぶ前にお子さまとしっかり話し合う

ランドセルを購入する前に、お子さまとしっかり話し合うことも重要です。

お子さまの意見を取り入れながら、以下の点について話し合ってみましょう。

使用期間を理解させる

ランドセルは6年間使うものであることをお子さまに理解してもらい、その上で納得して選んでもらうようにしましょう。

6年生になった時でも、そのデザインや色で飽きないか、恥ずかしく思ったりしないかを話し合いましょう。

実物を見て選ぶ

実際にランドセルを見て触れる機会を設けることで、お子さまが自分で選んだという実感を持ちやすくなります。

また、写真で見るのと、実物を見るのでは天と地ほど差があるため、後悔しないためにとても大切なことです。

6年使えば良くも悪くも慣れてしまうのが当たり前

ここまで飽きないためのランドセルの選び方をお話してきましたが、ランドセルはお子さまが小学校生活を過ごす上で毎日使うものです。

6年間使い続けることで、良くも悪くも慣れてしまうことは自然なことです。

そのため、最初は気に入っていても途中で飽きる可能性もありますが、これは誰にでも起こり得ることです。

ですから、飽きないためのランドセル選びは重要ですが、ご家族の皆さまもあまり神経質になり過ぎず、お子さまの好みを尊重してあげるだけで良いのかもしれません。

シンプルで普遍的なデザインを選ぼう

長く使うことを考えると、シンプルで普遍的なデザインのランドセルを選ぶことが賢明です。

以下の点に注意して選びましょう。

色は派手すぎない、落ち着いた色を選ぶと飽きにくいです。

また流行に左右されないデザインを選ぶことで、6年間安心して使うことができます。

シンプルなデザインは耐久性が高く、長持ちする傾向があります。

プロテクションカバーなどでアレンジしよう

ランドセルに飽きないため、または飽きてしまった場合のもう一つの方法は、プロテクションカバーやアクセサリーでアレンジすることです。

季節や気分に合わせてカバーを変えることで、新鮮な気持ちで使い続けることができます。

実際にお子さまに飽きられたり、数年後に後悔をしてしまったりした際に、アレンジすることで最後まで使用した、という事例がいくつもあります。

プロテクションカバーはさまざまなデザインがあり、お子さまの好みに合わせて選ぶことができます。

カバーを変えることで、ランドセルの雰囲気を簡単に変えることができます。

また、キーホルダーやチャームなどのアクセサリーを付けることで、個性的なランドセルに仕上げることができます。

まとめ

お子さまのランドセル選びは、ご家族にとって大切なイベントです。

ランドセルに飽きないためには、お子さまの好きな色やデザインを選びつつ、長く使えるシンプルで普遍的なデザインを選ぶことが大切です。

また、飽きてしまった場合は、プロテクションカバーやアクセサリーを使ってアレンジすることで、新鮮な気持ちで使い続けることができるでしょう。

「飽きられそう」という心配もあるかと思います。

ですが、それは6年間も使うのであれば、誰にでも起こることです。

飽きる心配をし過ぎるよりも、お子さま一人につき、たった一度限りのランドセル選びを楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次