>>2025年度4月分は6月24日(月) 16時までです

軽量化されたランドセルのメリットとデメリットについて

お子さまが小学校に入学する時期が近づくと、ランドセル選びに悩む方も多いでしょう。

最近では、軽量化されたランドセルが人気を集めています。

しかし、すべてのランドセルが軽量ではないということは、従来の重さのランドセルの方が良いという場合もあるということ。

軽量化されたランドセルにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回は、軽量なランドセルの特徴を詳しくご紹介します。

目次

軽量なランドセルのメリット

まずは軽量なランドセルのメリットについて見ていきましょう。

以下の通り大きく4つのメリットがあります。

軽量なランドセルは背負いやすい

軽量なランドセルの最大のメリットは、何と言ってもその軽さです。

毎日、たくさんの教科書やノートを持ち運ぶ小学生にとって、ランドセルの軽さは非常に重要です。

軽量なランドセルは背負いやすく、お子さまが楽に持ち運ぶことができます。

特に、まだ体が小さく体力のない低学年のお子さまにとって、軽いランドセルは大きな助けとなるでしょう。

軽量なランドセルは体への負担が小さい

軽量なランドセルは、体への負担が少ないという点でも優れています。

重いランドセルを長時間背負うと、肩や背中に負担がかかり、姿勢が悪くなってしまうこともあります。

軽量なランドセルであれば、体にかかる負担が少なく、健康的な姿勢を保つことができます。

成長期のお子さまの体には、やさしいランドセルを選びたいですよね。

軽量なランドセルは安価な傾向にある

軽量なランドセルは、比較的安価なものが多いというのも魅力の一つです。

高価なランドセルは品質が良い分、お財布に負担がかかることもありますが、軽量なランドセルは基本的に素材が人工皮革であるため、手頃な価格帯のものが多く、家計にやさしい選択肢です。

コストパフォーマンスの良いランドセルを選ぶことで、他の学用品や制服などに予算を回すことができます。

かわいいデザインのランドセルも多い

軽量なランドセルは、ナイロンやポリエステル素材であることから形状の自由度が高く、かわいらしいデザインやカラフルな色使いのものがたくさんあります。

お子さまが喜ぶようなデザインのランドセルを選ぶことで、毎日の通学が楽しくなります。

特に女の子に人気の刺繍やリボンのデザインなど、バリエーション豊富なランドセルが揃っています。

軽量なランドセルのデメリット

軽量なランドセルは軽いことがデメリットになることもあります。

軽量な分、やや耐久性が低い

軽量なランドセルのデメリットとして、耐久性がやや低い点が挙げられます。

そもそもナイロンやポリエステルの強度に限界があることや、軽量化を追求するために、素材が薄くなっている場合があり、その分、耐久性が犠牲になることもあります。

6年間使うことを考えると、耐久性もしっかりチェックする必要があります。

本革よりも人工皮革が多くなる

軽量なランドセルには、人工皮革が多く使われています。

人工皮革は軽量でお手入れも簡単ですが、本革に比べると質感や耐久性が劣る場合があります。

質感や耐久性にこだわりたい方は、本革製のランドセルも検討してみると良いでしょう。

高級感にやや欠ける

人工皮革を使用した軽量なランドセルは、本革製のランドセルに比べて高級感に欠けることがあります。

特に、伝統的なランドセルのしっかりとしたイメージを重視する方にとっては、軽量なランドセルは物足りないと感じるかもしれません。

実際に本革と人工皮革のランドセルを並べて見ると、やはり質感の違いはすぐにわかります

軽量なだけでは不十分!体へのフィット感も大切に

軽量なランドセルを選ぶ際には、体へのフィット感を大切にすることが重要なポイントです。

いくら軽くても、体にフィットしないランドセルは、肩や背中に余計な負担をかけてしまいます。

軽さを重視するあまりに体への密着度の低い製品もたくさんあります。

肩ベルトの形状や調整、背中部分のクッション性など、フィット感をしっかり確認して選びましょう。

一般的なランドセルと軽量なランドセルの重さを比較

一般的なランドセルは、平均して1,400〜1,600グラム程度です。

一方、軽量化されたランドセルは1,300グラム前後のものが多く、100〜300グラムほど軽量化されています。

このわずかな差が、お子さまにとっては大きな違いとなることもあります。

実際にお子さまが背負ってみて、重さの違いを体感してみると良いでしょう。

ランドセル軽量化のための素材

クラリーノ® F

クラリーノ® Fは、ランドセルの軽量化に貢献している代表的な人工皮革です。

軽量でありながら耐久性も高く、さらに防水性も備えているため、雨の日でも安心して使うことができます。

クラリーノ® Fを使用したランドセルは、デザインも豊富で、機能性と美しさを兼ね備えています。

その他人工皮革・合成皮革

クラリーノ® F以外にも、さまざまな人工皮革や合成皮革がランドセルに使われています。

これらの素材は軽量でありながら、耐久性や防水性にも優れています。

人工皮革や合成皮革を使用したランドセルは、お手入れが簡単で、長く使い続けることができます。

黒川鞄工房の軽量で人気のランドセル

黒川鞄工房のランドセルの中でも特に軽量なのが、やはりクラリーノ®F製のランドセルです。

本革と同様に職人が一つひとつつくり込みしているため、人工皮革であってもつくりの良さは折り紙付きです。

また、黒川鞄工房のランドセルは、軽さだけでなく、フィット感や耐久性も兼ね備えており、お子さまの健康を考えた設計が最大の特徴であり、何よりも自慢できるポイントです。

さまざまなカラーやデザインを揃えておりますので、お子さまにぴったりのランドセルがきっと見つかることでしょう。

まとめ

軽量なランドセルには、多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

お子さまの成長や健康を考え、軽さだけでなく、フィット感や耐久性も重視して選ぶことが大切です。

また、ランドセルの素材やデザインにも注目し、お子さまが楽しく使えるものを選びましょう。

また、黒川鞄工房の軽量ランドセルは、職人の手づくりによる品質と、普遍的で懐かしく、でも新しさを感じるデザイン性、保護者にとっても安心して選べる一品です。

お子さまの小学校生活を、素敵なランドセルとともにスタートさせましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次